みんカラカラコンから書くわけ

ブログをはじめるにあたり、テーマは何でも良かったのですが、オシャレ、ファッションに関することにしようと思いました。
とりわけセンスがいいわけでもなく、それどころか、逆にワケがわからない服装のときもあるくらいですが、自分がいいと思えばいいかなくらいに思ってます。
冬はコート羽織って中は適当という感じですが、目元だけをいろいろ考えてたりします。
例えばカラコンですね。
危険かどうかということはここでは考えてませんが、結局自分でどれだけケアするかってのが大事だろうからね。
今はとんでもなく種類が多くなってるんですが、価格、送料、デザイン、口コミでの情報などを見てると「みんカラ」というのは人気があるんだろうなって思います。

キングダムの着色直径16.0mmというのはインパクトがありますし、フチありのフラワーなども特徴的でクリっとした目になれるかなと思っています。
他のブランドも含め、カラコンのことについていろいろ書いていきたいと思っています。
それは口コミでの評判はどうなのでしょうか。
まず、考えておきたいのが、どんなものでも意見が分かれるということです。
これはデカ目のだけに限らず、ナチュラル系でも同様なのですが、見た目はもちろん装着感についてもどう感じるかは個人差があるということです。
当たり前なのですが、人の黒目の色合い、茶色っぽいとか黒っぽいとかも人それぞれですし、大きさも若干の違いがあるのも不思議ではありません。
ですので、ネットかリアルかはかかわらず評価というのは信憑性があるかどうかも微妙なところだと思います。
それを踏まえたうえで、みんからカラコンの口コミはどういうのが多いかを見ていきました。
するとやはり発色が良い、大きい、盛れるとう声は確かに多いですし、付け心地も良いという意見は多い気がしますね。

話は変わりますが、先日、眼科にいく用事があったのですが、そこでもコンタクトレンズのリーフレットがたくさん並んでいました。装着感のよさをアピールするコメントが並んでいましたが、そういったクリアコンタクトと比べると、どんなカラコンでもリスクは増すことはになるでしょう。
ですので、自分の目をいかに守るかとなると、カラコンもコンタクトも着けないという選択肢もありますし、着けるにしても眼科で買えるようなのだけにするというのも一つの考え方です。
リスクを犯してオシャレをするという考え方を理解できない人もいるでしょうけど、これは価値観ですから、そこは自己責任で考えればいいと思います。

眼病というのがどれほど怖いか自分ではまだ分かっていないのですが、そうなる前の対策、つまり予防、お手入れのことをもっと深く考えていきたいと思います。

最後に、みんカラカラコンがなかなか届かない、遅いという書き込みを見かけたのですが、何日くらいで届くかというのは公式サイトに書かれています。それに、ネット注文したものが予想より届くのが遅いことなんていくらでもあります。
それが嫌ならネットで買い物するたびに苦痛になるでしょうから、気をつけたいですね。

みんカラは1年使用ですが魅力はそれだけ?

みんカラカラコンの場合は、使用期間が1年あるというのは大きなメリットかとは思います。
しかし、1年使用カラコンは他にもたくさんあります。
それにワンデーのほうを好む人も多いでしょう。
みんカラの場合はやはりデザインの魅力を感じてる人が多いのかなと思います。

最近は、体の不調も少しはましになってきて、外に出る元気も出てきましたが、まだまだ悩みの種はつきません。ちょっと考え方を買えないと精神的にも参ってしまいそうになってきました。
気分転換できることってなかなか自分で見つけることが出来ないタイプなので、とりあえず好きな本を読んだりはしています。
ファッション誌が多いですが、もうちょっと違う分野の本とかも読み漁ってみるのもいいかもしれません。
ついつい自分の好きなこと、好きな本ばかりを読もうとしてしまうのですが、それではもしかしたらもっと違うことで興味を持つこともあるかもしれないのにその機会がなくなってしまいそうだなという思いもあります。

ワンデーカラコンが便利だと感じる瞬間

長く使えるカラコンと比べるとワンデーカラコンは単価が高くなります。
1日換算にするとかなり割高感は否めません。
10枚1,600円程度で売ってるものもあるし、30枚で3,000円前後というのもあります。
安いほうでも1枚あたりで100円ほどするってことは、左右両目で200円くらいはするわけです。
1日でですよ。
1年使用で、もしほぼ毎日つけるとしたら、左右で4,000円ほどだったとしても、1日換算はすごく安くつくわけです。
お手入れをしないといけないことを差し引いてもすごくコスパは良いでしょう。

それでもワンデーカラコンが人気なのは言うまでもありません。
どういう時に便利だなって感じるか。
それは旅行の行くときとかかな。
何日か外泊するとなると、当然カラコンのお手入れ用品を持参しないといけないわけです。
旅先でも洗浄して保存液に入れるとう点では同じですからね。
そんな時ワンデーなら、1日着けたら捨てるだけ。翌朝はまた新しいのを出してつければいいだけです。
それに、服装にも合わせれるから、この日のファッションにはこのデザインのカラコンをって感じで楽しみが増えるのではないでしょうか。

カラコンが危険と分かってて着ける

カラコンが危険なのは言うまでもありません。安全だなんて人はいないでしょう。
しかし、どのくらい危険かはつける人もお手入れやケアの仕方によって相当違ってくることも間違いありません。
着けたまま寝るなんて言語道断であり、そんな生活をしてたら、目の病気になっても不思議ではありません。
しかし、私もクリアコンタクトを着けてた頃のことですが、コンタクトを着けて帰宅して疲れてて、ちょっと横になると寝てしまってたこともあります。そんな時に目覚めると、目が乾燥してて、あけるのも痛いってこともありました。
当たり前のことなのですが、帰宅したら、出来るだけ早く、カラコンもはずしたほうがいいです。
でもこれは性格の問題なのかと思うのですが、すぐにはずさないといけないと分かってても、ついつい甘えが出てしまうんでしょうね。
そもそもどのカラコンが危険だとか、装着感が良いとか、人の意見はほぼ参考にならないと思ってます。
もし露骨に危険なのがあるなら、もっと話題にもなってるのではないかと思ったりします。
ただ、あまりにも安いのは怖いので買わないですけどね。
本当はそのくらいの値段か普通なのだったら別ですが、そんなことこちらでは分かりませんから、ある程度相場に近い価格のものを買いたいと思うし、場合によっては、少しくらい高くてもなんらかの理由があるなら、それでもいいとおもったりします。
目はとても大事ですし、視力が悪い私にとっては、これ以上視力が悪くなってほしくないという思いもあります。
当サイトではワンデーカラコンのことやみんカラカラコンのこと、ネオサイトワンデーシエルのことなんかも書いたりしていますが、所詮主観で書いていますので、参考にするような内容はないと思います。
もっと法律で今後厳しくなることもあるのかな。

みんカラカラコンのキングダムの種類

みんカラカラコンには着色直径が16.0mmのキングダムという人気シリーズがあります。
ランキングを見ても恐らくこのシリーズが人気が高いだろうと予想できます。
確かに他にはなかなか見かけない大きさとデザインですから、特に若い女性にはウケがいいのではないでしょうか。
ここのカラコンに限らずですが、完売して販売終了になるシリーズがあります。
キングダムの場合は9がなくなったみたいですが、今はどうなのかな。
こういうのはタイミングにもよるでしょうから、正確な情報を知るためにこまめに公式サイトを確認しておきたいところですね。
ですので15と17はまだ売ってると思います。

ワンデーカラコンとは違い、1年使用というのはお手入れが大変です。
慣れるでしょうけど、それでもきちんと洗浄して保存するには、それなりに神経を使います。
キングダムのようにレンズが大きいのになると、洗うときも余計に気を使うかもしれませんが、長く使うためにはそれだけの努力も必要だということだと思います。

ネオサイトワンデーシエルは14.2mmのワンデー

カラコンのレンズの大きさもいろいろあって小さいのだと13.8mmというdiaのもありますね。
かなり自然というか、黒目とほとんど変わらないから微妙ですね。
それでもそのくらいのがちょうどいいと思う人はそれにすればいいでしょうし、もう少し大きい14.0mmなら種類も一気に増えるから、そこでワンデーなら1年使用なりを選ぶのもいいでしょう。
14.5mmだと盛れるけど大きすぎると感じるかも。韓国カラコンに多いのが潰した着色直系を記載しているところが多いです。直径16.0mmとかって書いてても実はdia14.5mmくらいのもありますから。どっちにしてもそのくらいのサイズになると結構ぱっとみてカラコンだって分かるくらいかもしれません。
分かりませんよ、着ける人によって印象は違ってきますから。

そこで今日紹介するのが14.2mmというサイズなんです。このサイズも比較的種類は多いと思います。14.0mmでもまだ小さいと思うならこれにしてみるのもいいと思うな。
モテコンワンデーとかも確かこのサイズだったと思う。

あとはネオサイトワンデーシエルですね。ネオサイトシリーズはあまりにも有名ですし、楽天のランキングでも何度もみかけたことがある、とんでもなく有名なカラコンですよね。

14.2mmといっても、着色直径がこの場合は13.6mmですので、もし他の同じdiaのと比べる場合は絶対に着色直径も比較したほうがいいでしょうね。同じdiaだからといっても、色がついてる部分は微妙に違ったりしますし、デザインもフチがあるかないかでだいぶ違うから、あらゆる角度から見比べる、付け比べるほうが良いのではないかな。

ネオサイトワンデーシエルの場合はブラウンだけでなく、グリーンも良さそうだね。

使用期間で考えるカラコン選び

カラコンを選ぶ時に考えることといえば、たくさんありますが、その中でも使用期間のことはこれからも何度か書いていきたいと思います。
使用期間、または使用期限と書かれている項目は、どんなコンタクトレンズでも必ずあります。
1日使い捨てワンデーから、最長で1年使用などあります。

一つ絶対に忘れてはいけないことは、この使用期間は絶対に守ること。
そして使用期間内でも具合が悪いと思ったら新しいのにかえることです。

使用期間内でもつけると痛いと感じるようなことがあったら、レンズか目のどちらかが調子が悪いのかもしれません。
原因は眼科にでもいかなと分からないと思いますが、いずれにしても、そのまま装着することは危険すぎます。
カラコンを着けるからには、危険なことがあるという認識のもと、自己責任での装着となります。
万が一目にトラブルが起きてもだれかがどうこうしてくれるわけではないでしょう。
自分で意識を高くもって目を守るしかないかと思います。

ワンデーカラコンで気をつけるべきことと書きましたが、その他の使用期間におきましても、同じように注意事項がありますので、あわせてまとめていきたいと思います。

カラコンを通販で買えるからこそ考える必要がある

通販がいかに便利か、それはよく実感しています。
例えば重いもの、水とかお米とか、力がない私は通販で買うのが当たり前になっています。
他にも服とかアクセサリーは、近くに売ってる店がありませんから、通販で買えるのは本当に便利です。
実店舗で買えないとか、運ぶのが大変なものは、特に利用することが多いです。
カラコンの場合はどうでしょうか。眼科か通販かになるかと思いますが、理想を言えば、眼科で希望のデザインのがあればいいのですが、なかなか思ったのがありません。
安全性を考えても、眼科で買いたいとも思いますが、いかんせん面倒臭がりなのが良くないです。
そうなると通販を利用することになるのですが、そこで考えないといけないのが、目のケアです。
こまめに眼科に通い、目の状態を診てもらいながらつけるほうが安心できます。
通販で買うからには、自分で目のケアをしないといけません。目のケアといっても、結局は眼科で診てもらうしかないんでしょうけどね。

時々口コミで装着すると目が痛いというものもみかけます。
原因が目にあるのか、レンズ自体にあるのか、その時点では判断しかねる状況の場合、まずは眼科にいくべきでしょう。それとあわせてレンズを交換してもらえるならお願いするでもいいでしょう。
一番良くないのは慣れてくるだろうからと、何もせずにつけ続けてみるということです。
さらに酷くなって、目が充血してきたりしたら、怖いですからね。